マガジンのカバー画像

SPEEDA

25
経済情報プラットフォーム「SPEEDA」に関するマガジンです。
運営しているクリエイター

#社員インタビュー

ビジネスパーソンのニーズに寄り添い、変革に必要な「本質的な価値」を届ける──B2B SaaSマーケティング イベント・セミナー企画担当

こんにちは、Communications Teamの高田です! ユーザベースグループで募集している採用ポジションを詳しく紹介する「Job Description解体新書(通称:JD解体新書)」シリーズ、今回はB2B SaaSマーケティング イベント・セミナー企画担当です。メンバーの会田・小田・浦川に、業務の内容ややりがいなどをたっぷり聞きました。 具体的な業務内容は?──B2B SaaSマーケティング イベント・セミナー企画担当(以下、SaaSプロダクト・イベントマーケタ

スキ
19

事業の発展を採用とHRBPの両軸で支える──SPEEDA Recruiting & Business Partner Unit

ユーザベースグループで募集している採用ポジションを詳しく紹介する企画「Job Description 解体新書(通称「JD解体新書」)」シリーズ。 今回紹介するのは、経済情報プラットフォーム「SPEEDA」の採用業務を担当しているSPEEDA Recruiting & Business Partner Unit。リーダーの渡瀬とメンバーの松本に、SPEEDA事業の採用・人事業務のやりがいについてたっぷり聞きました。 SPEEDA Recruiting & Business

スキ
12

「共創の輪」から創り出す、新たな視聴体験への挑戦──Communications & Marketing Division Studio Team

こんにちは、Communications Teamの髙田です! UBグループのさまざまなチームを紹介するシリーズ、今回はCommunications & Marketing Division Studio Team(以下、Studio Team)です。メンバーの酒居と吉村に、どんな仕事をしているのか? チームが目指す「最高の視聴体験」って? など、たっぷり話を聞きました。 ざっくり年表・〜2020.10 B2B SaaS事業のマーケティング活動の一環としてオンライン番組配

スキ
11

多様な強みをもつメンバーがいるからこそ、組織で補完関係が生まれる──SPEEDA China Consulting Service Team 楊潔

ユーザベース(以下、UB)はDiversity&Inclusion(以下、D&I)の推進を加速するためのコミットメントを発表しました。それに共感したメンバー発で生まれたのが、「Diversity Empowerment Community」。女性管理職比率が27%と、全従業員における女性比率43%にまだまだ乖離があるUBには、ジェンダー問わず「本当はリーダーになりたい、でも一歩踏み出せない」というメンバーが少なからずいることがわかってきました。  そこで、UBの多様なリーダ

スキ
23

技術と経営の融合を促すコンテンツで、ビジネスを楽しむ仲間を増やしたい──SPEEDA R&D Marketing & Branding Team

こんにちは、Communications Team(略してコムズ)の高田です! UBグループのさまざまなチームを紹介するシリーズ、今回は今回はSPEEDA R&DのMarketing & Branding Team(以下、SPEEDA R&D MBT)です。メンバーの半澤と森田に、どんな仕事をしているのか? プロダクトにかける想いとは? など、たっぷり話を聞きました。 ざっくり年表・〜2019.12 SPEEDA事業内にマーケティングチームが存在 ・2020.01 B2B

スキ
15

期待以上の「心に刺さる」翻訳は、正確さだけで測れない──SPEEDA Localisation Team

こんにちは、Communicationsチーム(略してコムズ)の髙田です! UBグループのさまざまなチームを紹介するシリーズ、今回はSPEEDAのLocalisation Teamです。メンバーのViktorとManaに、どんな仕事をしているのか? 翻訳とローカライズの違いとは? など、たっぷり話を聞きました。 ざっくり年表2013年 翻訳チーム設立、英語版SPEEDAをローンチ 2016年  英日ユニットも設立、海外アナリストのレポートを和訳開始 2018年 新機能「ト

スキ
15

トップレベルのバックエンドエンジニアになって社会問題を解決したい(2021年新卒入社 Uzabase ソフトウェアエンジニア 龔 歆潔 )

こんにちは! 2021年4月から新卒でCommunications Team(通称コムズ)に所属しております近藤です。 新卒の私がユーザベースの歴代新卒メンバーにインタビューする「New Generations」シリーズ、第6弾は2021年6月入社、Uzabase ソフトウェアエンジニアの龔 歆潔(きょう・きんけつ)さんです。 ──Uzabaseに入社したきっかけを教えてください。大学院を卒業してから1年間就活してユーザベースに就職しました。在学中から就活に取り組み始め、

スキ
9

【D&I】多様なタイプのエンジニアが、それぞれに活躍できる組織をつくる──執行役員 CTO林尚之

ユーザベース(以下、UB)はDiversity&Inclusion(以下、D&I)の推進を加速するためのコミットメントを発表しました。それに共感したメンバー発で生まれたのが、「Diversity Empowerment Community」。女性管理職比率が27%と、全従業員における女性比率43%にまだまだ乖離があるUBには、ジェンダー問わず「本当はリーダーになりたい、でも一歩踏み出せない」というメンバーが少なからずいることがわかってきました。  そこで、UBの多様なリーダ

スキ
17

【D&I】傷つくことを避けず、ちゃんとぶつかって傷つくことを大切にしたい──SPEEDA CCO宇佐美信乃

ユーザベース(以下、UB)はDiversity&Inclusion(以下、D&I)の推進を加速するためのコミットメントを発表しました。それに共感したメンバー発で生まれたのが、「Diversity Empowerment Community」。女性管理職比率が27%と、全従業員における女性比率43%にまだまだ乖離があるUBには、ジェンダー問わず「本当はリーダーになりたい、でも一歩踏み出せない」というメンバーが少なからずいることがわかってきました。  そこで、UBの多様なリーダ

スキ
117

健全に意見をぶつけ合い、互いの価値観を尊重し合える組織に(SaaS Design Division CDO 平野友規)

こんにちは、ブランディングチームの筒井です! ユーザベースグループで働くメンバーを紹介する社員紹介インタビュー、第43弾は平野友規です。 ──なぜUB(ユーザベース)に転職しようと思ったんですか? UBのことは知らなかったけど、NewsPicksの「WEEKLY OCHIAI」のファンで、有料会員でした。2017年頃デンマークに行っていたんですが、帰国する5日前に当時採用担当だった村樫さん(現Culture Teamリーダー)から、LinkedIn経由でメッセージをもら

スキ
121

正解例がないからこそ、思考と実践を繰り返しアジャイルな経営システムをつくりたい(Co-CEO 佐久間衡)

こんにちは、ブランディングチームの筒井です! ユーザベースグループで働くメンバーを紹介する社員紹介インタビュー、第36弾は代表取締役Co-CEOの佐久間衡です。 プロフィール:佐久間 衡(さくま たいら) 長崎県出身。UBS証券投資銀行本部を経て、2013年にユーザベースに入社。ポーカーフェイスだが、誰よりも熱い。偏愛しているものはマンガと数学とSaaS。最近はOKRも。好きな食べ物は火鍋。 ――なぜUB(ユーザベース)に転職しようと思ったんですか? UBを選んだ理由

スキ
47

「異能は才能」を武器に、誰も見たことのないコンテンツをつくりたい(B2B SaaS Business執行役員 森敦子)

こんにちは、ブランディングチームの筒井です! ユーザベースグループで働くメンバーを紹介する社員紹介インタビュー、第35弾はB2B SaaS Business 執行役員 森敦子です。 ──なぜUB(ユーザベース)に転職しようと思ったんですか? 新卒で入ったメガバンクでは、法人営業を担当していました。ただ入社4年目に、身体を壊してしまったんですよ。今は捉え方が狭かったなと思うけど、当時は身体を壊したのは営業職だからだと思い込んでいて。振り返ってみると、当時は人生の迷子という

スキ
23

「FORCASを導入したことで明確に世界が変わった」その声を聞くのが何より嬉しい(FORCAS CCO 田口槙吾)

こんにちは、ブランディングチームの筒井です! ユーザベースグループで働くメンバーを紹介する社員紹介インタビュー、第33弾はFORCAS CCO(Chief Customer Officer)の田口槙吾です。 プロフィール:田口 槙吾(たぐち しんご) 1984年生まれ 北海道出身。学生時代から人材ベンチャーやITベンチャーで新規事業を立ち上げる。2014年からクラウド名刺管理サービスSansanにてセールスマネジャーとして新規開拓チームを牽引した後、LTV最大化をミッショ

スキ
43

メンバーみんなが「挑戦し続ける」組織をつくることが、僕自身の最大の挑戦(代表取締役Co-CEO 稲垣裕介)

こんにちは、ブランディングチームの筒井です! ユーザベースグループで働くメンバーを紹介する社員紹介インタビュー、第30弾は満を持して、代表取締役Co-CEOの稲垣裕介の登場です。 最初にお伝えしておくと、今回の記事はこのインタビューシリーズの中で最長です……! 質問項目は他のメンバーと同じなんですが、稲垣の熱い想いが溢れており、「コレはカットしないほうがいいな」と思ったのです。 では、さっそくどうぞ! プロフィール:稲垣 裕介(いながき ゆうすけ) 代表取締役Co-C

スキ
71