見出し画像

NewsPicksをサステナブルなメディアの代表例にしたい(編集者 川口あい)

こんにちは、ブランディングチームの筒井です!
ユーザベースグループで働くメンバーを紹介する社員紹介インタビュー、第2弾はNewsPicksの広告事業であるBrand Designチーム シニアエディターの川口あいです。

プロフィール:川口あい
NewsPicks Brand Design シニアエディター。昭和女子大学大学院文学研究科修士課程修了。小学館クリエイティブ、ハフポスト日本版Partner Studioチーフ・クリエイティブ・ディレクターを経て現職。スポンサードコンテンツ制作やメディアビジネス領域に従事。映画・海外ドラマや英米文学に関するコラム等執筆。Forbes Japan オフィシャルコラムニスト。


――なぜUB(ユーザベース)に転職しようと思ったんですか?

キッカケは、前職のハフポストとNewsPicksが合同でやった採用イベントです。運営した本人が転職するっていう(笑)。NewsPicksはスポンサードコンテンツの分野では最も規模が大きく、イベントや動画、雑誌などテキスト以外の手法でメディアのマネタイズに挑戦できそうだと考えたのが理由です。

メディアを表す指標として、私は以前からPV以外の指標を開発したいとずっと思っていて、NewsPicksはコメントやPickという独自の指標があるじゃないですか。あれがすごく面白いなと思っていたし、個人のテーマである新しい指標を作れそうだと考えて、転職を決めました。

NewsPicksは規模が大きいし、扱うジャンルも幅広く、独自の指標を持ってブランディングにも成功している――こういう場所で何か新しいことにチャレンジすることで、メディア業界全体の底上げにも何らかの形で寄与できるのではと思ったのも、転職理由の1つですね。

――現在の仕事内容と、仕事でワクワクしていることを教えてください。

メインはスポンサードコンテンツの編集で、クライアントから課題をヒアリングしたり、企画を立てたりして、オリエンテーションで内容を決めて、取材後にライターさんから上がってきた原稿を編集して……といった感じです。

Brand Designのクリエイティブチームは2つのユニットに分かれていて、各リーダーの下にデスクが2人ずつ、その下にメンバーが数名付いています。私はデスク担当の1人です。

あと今年に入ってからは、プロジェクトマネージャー的なこともやっています。今年5月にコメントの「感情分析レポート」をリリースしたんですね。これは入社してから1年くらい、ずっと取り組んできたもので、クリエイティブの知識とセールスの経験を活かして、ビジネス自体をどうスケールさせるか? というプロジェクトです。

全体の8割はクリエイティブ、編集の仕事で、残り2割が事業開発をやっているイメージですね。指標の開発やプロダクト開発など、記事を作って出すだけではないプロジェクト系のミッションを抱えながら、日々編集もしています。

1日があっという間に過ぎ去るくらい忙しいですが(笑)、編集者としての専門性を突き詰めていきつつ、書くのも編集するのも好きだけど、メディアビジネスをどう運営し、企業としてどうマネタイズしていくか? みたいな仕組みを考えるのもすごく好きなので、両方できる今の環境には満足しています。どちらにも携われるのは、NewsPicksが幅広くビジネスを展開しているからですよね。

――仕事で忘れられないエピソードはありますか?

ありますよ! パーソルホールディングス様のスポンサードで「NewsPicks Brand Magazine vol.2」を作ったときです。紙の雑誌なので、久しぶりに台割(どのページにどんな内容を入れるのか、全体で何ページになるのか等を設計すること)を作って、ラフを切って……約80ページをほぼ1人でやらなければならなかったんですよ。

これは本当に無理! という状況になったとき、同じチームで雑誌編集の経験の長いメンバーが助けてくれたり、他のメンバーも校了前日に一斉に朱入れを手伝ってくれたりしました。WEBと違って、紙の雑誌は1日も校了日をずらせないんですよ。だいぶ焦りましたけど、そのときは本当に「渦中の友を助ける」ってユーザベースグループのバリューを実感しました。

メンバーに助けてもらったことによって、相手のことも知れた部分もあったんですよ。マガジンを作ったのは転職して半年くらいの頃だったんですが、苦労を共有できたことで、ようやくチームの一員になれたと感じました。

編集の仕事は個人で動くことが多いし、みんなで集まって仕事する機会はほとんどありません。だからこそ、1つの大きなプロジェクトに何人かで一緒に関わって、それを乗り越えたことで、チームとしての一体感が強まった気がします。それまでの半年間より、この怒涛の2週間によって、メンバーへの信頼度も増したなと感じました。

――The 7 Valuesの中で、一番好きなバリューは何ですか?

みんなも自分も意識しているのは、さっき出た「渦中の友を助ける」と「スピードで驚かす」ですね。ただ、個人的には「異能は才能」が一番好きです。さっきの話にも通じるんですが、専門職として「編集」を突き詰めてきた従来の編集者から見ると、私のように事業開発やプロジェクトマネージャーをやる編集者って異質だと思うんですね。

でもそれができるのがNewsPicksだし、編集の仕事はこれからの時代にもっと拡張していくはず。だから個人的に「異能は才能」を目指しているんです。

画像1

――今後挑戦したいことは?

私、入社して以来ずっと5年後の目標に「インターネットの世界を救う女になる」って書いているんですよ(笑)。どうすればWEBメディアが正しく運営されて、価値のある情報や記事に正しくお金が流れる仕組みができるかなど をずっと考えていて。

NewsPicksだけがハッピーな状況より、世の中のWEBメディアがちゃんとマネタイズされ、サステナブルに運営されていけるようになればいいなと思うんです。その代表例がNewsPicksだといいなって。

その発想に紐付いて数字じゃない指標を開発したいと考えていましたし、メディア同士で知見を共有しながら、持続可能なメディア事業が成立していくような世界を作っていきたいと考えています。そこから逆算して、NewsPicksとしてできること――指標開発や新しいマネタイズ、コンテンツの形、モデルを作っていきたいなと。

WEBメディアは大好きなんだけど、メディアって思っているほど儲からないじゃないですか……。だからこそ、コンテンツを作るのみならず、メディアビジネス全体をどう拡張させていくかを考えていきたい。正しい情報を正しく発信しているメディアが、ちゃんと存続できるような仕組みを考えていきたいですね。

この記事が参加している募集

社員紹介

「経済情報で、世界を変える」をミッションに掲げる株式会社ユーザベースの公式noteです。 このnoteでは、日々の出来事や社員紹介などを発信していきます。 https://www.uzabase.com/